応用:CMなどをカットする(準備中)

録画まで基本と同じです。
TV録画のCM部分をカットする方法は編集の『分割』機能を使って、クリップの不要な部分を削除します。

1、パソコンに録画した映像データを開きます。

  [メディアのインポートボタン] → [メディアファイルのインポート]

編集を加える映像データを選択して、開くをクリックします。

2、開いた映像データをトラックに反映します。

  編集を加えるデータを選択クリック → [メディアトラックに追加]

3、カットしたい部分を、メディアトラックまたはプレビュー画面で選択し、[分割]ボタンをクリックします。

4、映像の分割が完了したら、不要な部分を選択し、[選択したクリップの削除]ボタンをクリックします。

5、CMカットした映像データを書き出します。


基本3:Blu-rayディスクに書き込む(準備中)

Blu-rayディスクに書き込みができるドライブが必須となります。
(Blu-rayディスク読み込み専用のドライブでは書き込みできませんので、事前にパソコンの仕様を確認しましょう)

この記事は現在準備中です。
今しばらくお待ちください。

基本2:DVDに書き込む

映像の編集などはせず、キャプチャーした映像をそのままDVDに書き込む場合は、キャプチャーの後すぐに「ディスク作成」に移動します。
以下は最低限の設定と確認事項をまとめています。
 
「ディスク作成」画面で基本的な確認事項は下図赤枠で赤枠で囲んだ3か所の項目です。
(クリックで拡大します。)
 

 
 
まず、DVDへの設定を行います。
設定が3つに分かれていますので、それぞれクリックして詳細をご確認ください。 

最も基本的な確認事項は、書き込みたい映像がきちんと登録されているか(左)、書き込みするディスクの種類が正しく設定されているか、および、ディスクに映像の容量が収まるかどうか(右)の3点です。DVDメニューのデザインなどは初期設定のままでも問題ありません。

    
 
 
以下の部分では、書き込みするディスクの種類に応じた、必要領域が表示されます。
容量オーバーになった場合は、映像の画質を下げるか、編集で映像をカットするか、ディスクの種類を変更します。
 
ディスクの種類変更は、その種類のディスクをお持ちかどうか、そのディスクへの書き込みにパソコンが対応しているか確認しましょう。
 

 
 
「書き込み」をクリックすると最終の設定画面が出てきます。
  
 
 
通常はこの設定のまま「書き込み開始」をクリックするとDVD書き込みが開始されます。
 

 
 

基本1:パソコンに録画する

1.接続
 
VIDEOかんたんDVDの「かんたん接続ガイド」、または、当サイトの「再生機器との接続方法」をご参照のうえ、再生機器⇔キャプチャユニット⇔パソコンの接続をしてください。
 
 
 
2.PowerDirector8を起動します。
 
起動方法は3通りございます。
 
① 「かんたん接続ガイド」のステップ6まで進みますとPowerDirector8を起動できます。
② VIDEOかんたんDVDのメインメニューから直接PowerDirector8を起動できます。
② <スタート>⇒<すべてのプログラム>⇒<Cyberlink Power Director>より起動できます。
 
 
VIDEOかんたんDVD メインメニュー
 

 
 
 
「かんたん接続ガイド」のステップ6
 

 
 
 
3.PowerDirector8の「キャプチャー」画面を開きます。
 
「キャプチャー」と書かれたタブをクリックすると以下のような画面となります。
キャプチャー(録画)を行う際の各種設定を行います。
 
画面のどこで、何を設定するのか、画面の構成とともにご説明します。
(クリックで画像を拡大できます)
 

 
 
A:この部分に再生機器から送り出された映像が映ります。
 
B:赤いボタンが録画ボタンです。
  クリックで録画開始となります。
  録画中は赤いボタンが四角い黒のボタン(停止)に切り替わります。
 
  音量調節のボタンは録画中PCから再生される音の音量です。
  録画中音を消しておきたい場合はここで音量を下げます。
  録画データに影響はありません。
 
C:キャプチャーの設定を行う場所です。「録画時間」と「1回につき録画できる容量」の制限が設定できます。
   
  録画時間:設定した時間で自動的に録画を停止できます。
        お出かけの間に録画を済ませたい場合など、2時間のテープであれば
        2時間で設定すれば自動停止します。
 
  容量制限:1回の録画で取り込みできる容量の制限ができます。
        たとえば、ハードディスクの空き容量が5GBしかない場合など、
        2GBまで取り込んだらひとまず停止する、という使い方ができます。
 
 
 
D:キャプチャーが完了した映像のサムネール(小さな画像)が表示されます。
 
E:キャプチャーした映像を、パソコンのどこに保存するか設定ができます。
  初期設定ではドキュメントに保存される設定です。
  
F:PCのハードディスクの空き領域や接続中のデバイスの設定を行います。
  主にハードウェアと関連した設定項目となります。
 
  この中の「プロファイル」ではビデオデッキから送られてくる映像を
  どのように処理するかの設定ですが、基本的には初期設定のままご利用ください。
 
  「設定」では、接続方式やキャプチャユニットに関する設定ができます。
  映像が正常に送られてこない場合などに確認します。
 
 
4.ビデオデッキ側を再生し、録画ボタンをクリックます。
 
必要に応じて各種設定を行った後、いよいよキャプチャーです。
ビデオデッキ・カメラなど接続している再生機器の再生ボタンを押し、映像が画面上にでましたら
Bの録画ボタンをクリックします。
 
※ 映像が映らない場合は、一度録画ボタンをクリックしていただくと映像が出る場合があります。
 
 
5.停止と確認
 
停止をクリックすると以下の画面が出ます。
 

 
映像の内容が分かるような名前を付けると、管理がしやすくなります。
キャプチャーが完了すると下図のように、Dの「キャプチャーしたコンテンツ」にサムネールが表示されます。
 
 
 
 

基本0:メインメニューについて

VIDEOかんたんDVDのソフトウェアは、主に3つのメニューに分かれています。
それぞれ、どのような時に使うかご説明します。

1.かんたん接続ガイド

かんたん接続ガイドは、ビデオデッキやビデオカメラと接続を行う際、ステップbyステップで接続の方法を確認できるメニューです。
接続の方法を覚えるまでの間、または、忘れてしまった時にご利用いただくと便利です。

接続に慣れている方は、2のメニューから操作を行って構いません。

 
 

2.ビデオの取り込みとDVDディスクの作成『Power Director』

このソフトでは主に、以下④つの作業を行うことができます。

   ① キャプチャ・・・ビデオテープからデジタル変換してパソコン本体へ保存
   ② 編集・・・・・・CMカットやテロップの挿入など編集作業
   ③ 出力・・・・・・編集した映像をパソコンに保存(形式を変更して保存)
   ④ ディスク作成・・DVDへの書き込み

 
 

3.ブルーレイディスクの作成

ブルーデイディスクに書き込みたい場合は、このソフトを使って書き込みができます。
※アナログの映像をブルーレイディスクに書き込みましても、画質が良くなるわけではありません。

 
 

再生機器との接続方法

ビデオデッキなどの再生機器とキャプチャユニット、パソコンの接続方法を説明します。

① ビデオデッキ側の接続口

基本:
「出力」や「OUT」のように表示がある出力口にケーブルを接続してください。
S端子を使う場合は、赤白を出力口へ、S端子をS端子の接続口へつなぎます。
 
注意点:

  1. 出力口はビデオデッキの前面にも付いている事がありますが、基本的に背面の口へ接続しましょう。
  2. 出力口が複数ある場合で、映像がパソコンに映し出されないときは、差し替えてみてください。

用語:コンポジット
これがコンポジットケーブルです。
 
通常両側が赤白黄のケーブルですが、ビデオカメラに
付属しているものでは、片側が1本で反対が3色(3本)
に分かれているものが多いです。
 
赤白が音声、黄色が映像のケーブルです。

用語:S端子(S-VIDEO)
コンポジットの黄色ケーブルの代わりに使用できる
映像端子です。コンポジットの赤白、S端子を接続します。
 
S端子について詳しく知りたい方はコチラ(Wikipedia)
 
 

② ビデオデッキ から キャプチャユニットへの接続

基本:
キャプチャユニットは、本体と外部機器接続用ケーブル、USB延長ケーブルに分かれています。まず最初に3本を合体させてから、ビデオデッキと接続します。ビデオデッキに接続したケーブルの反対側を、同じ色どうし、ケーブルの種類を合わせてキャプチャユニットに接続します。
 

 
※ USB延長ケーブル(写真右のケーブル)は必ずしも使う必要はありませんが、初回は故障がないかどうか確認するために3つともご使用ください。

③ キャプチャユニット から パソコンへの接続

基本:
USBケーブルとパソコンのUSB差込口を接続します。
 
注意点:

  1. 『VideoかんたんDVD』のキャプチャユニットはUSB2.0に対応しています。最近の新しいパソコンですとUSB3.0、Windows XPの初期のパソコンですとUSB1.1の接続口も混在している場合がありますので、映像がパソコンに映らない場合は接続口を変えてみましょう。
  2. USBのハブ(接続口を増やすための機材)などは介さず、パソコン本体に直接挿してお使いください。

    

インストール手順

※ 以下の図はすべてクリックで拡大できます。

1.ダウンロードしたデータを解凍し、出来上がったフォルダ「VIDEOかんたんDVD」フォルダを
  ダブルクリックで開くと、以下のようなファイルが含まれています。
  赤枠で囲んだ「setup.exe」をダブルクリックするとインストールが開始されます。

2.インストール準備中の画面が出ますので、画面が切り替わるまでお待ちください。

3.下図のメッセージが出ましたら、USBキャプチャユニットを接続してください。
  このとき、ビデオデッキなどの再生機器と接続している必要はございません。
  お手元に届いたデバイスのみ接続してください。

ここでは以下のデバイスのみ接続すればOKです。

デバイスを接続したあと、パソコンがデバイスを認識するまですこし時間がかかります。
30秒~1分ほどお待ちいただいてから「はい」をクリックすると確実です。

4.ソフトウェアのセットアップ開始となります。
  「次へ」をクリックしてください。

5.インストール先を変更したい場合は、ここで変更ができます。
  環境によってはインストール先を変更するとソフトウェアが動作しない場合もござい
  ますのでご注意ください。
  変更しない場合はこのまま「次へ」をクリックします。

6.「インストール」をクリックします。

7.インストール中の画面です。画面が切り替わるまでお待ちください。

8.USBキャプチャユニットのドライバをインストールします。
  「スタート」をクリックしてください。

9.ドライバのインストールが正常に完了すると、以下の画面となります。
  「OK」をクリックしてください。

10.インストール完了の画面です。「完了」をクリックするとパソコンが再起動されます。
   ※ インストール後の再起動は必ず行ってからソフトをご利用ください。

11.1~10までの作業を完了しましたら、デスクトップにできた下図(赤枠)のアイコンを
   ダブルクリックすることで、ソフトをご利用いただけます。

ソフトのご利用方法はコチラ⇒ 基本0:メインメニューについて

ご購入から導入までの流れ

1.『VIDEOかんたんDVD』を購入します。お支払い確認のメールに記載された
  ダウンロードURLがこの公式サイトです。

2.付属ソフトのダウンロードを行って、キャプチャユニットがお手元に届くのをお待ちください。
  (付属ソフトのインストールにはキャプチャユニットをパソコンに接続する必要があります)
  ダウンロードはコチラ!

  ※ ダウンロードの操作に自信がない方はコチラをご参照ください。

3.数日後、キャプチャユニットがお手元に届きます。
  キャプチャユニットをパソコンに接続し、2.でダウンロードしておいた
  データを解凍し、ソフトをインストールしてください。
  インストールが完了しましたら、かんたん接続ガイドや当サイトのヘルプを
  見ながら関連機器を接続し、デジタル変換を行いましょう!

製品情報

『VideoかんたんDVD』の商品内容について

ご自宅にお届けするものは以下の製品となります。

  • USBキャプチャユニット本体
  • 外部機器接続用ケーブル
  • USB延長ケーブル
  • 「本製品について」ガイド 1枚(12cm × 12cm)
動作環境について

動作環境
テレビデオについて