(再生)80070057

このエラーコードは、DiXiM Digital TV シリーズが独自に用意しているエラーコードではなく、ソフトの動作に関連してWindows側で発生したエラーを表示しています。
暗号化されたデジタル著作権保護コンテンツ再生時に必要となる各種証明書ファイルが破損していたり、不正とみなされている場合に発生します。

このエラーに関連する証明書ファイルは二つあり、一つはWindows DRM、もう一つはグラフィックカードが持っているファイルとなります。
それぞれ対処方法が異なりますので、以下ご確認くださいますようお願いいたします。
 
 

■ Windows DRMを復旧する場合

以下の対処策は一般的なWindows DRM復旧策をインターネットなどの情報から調査しご紹介している内容となります。操作はお客様の自己責任にて行っていただきますようお願い申し上げます。


 事前準備として、以下の操作を行います。


1.隠しフォルダを表示する設定にします。

① まず、エクスプローラなどを開き、コンピュータ以下のCドライブを開いて、画面上部の「表示」→「オプション」をクリックし、フォルダオプションを開きます。
② 「表示」タブを開き、「隠しファイル、隠しフォルダ・・・・を表示」のチェックを入れます。
③ 同じリストにある「保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない」 のチェックを外します。(本件の操作完了後、チェックを戻してください)
④ OKをクリックします。


 DRMフォルダの中身を削除する


WindowsDRM のフォルダは通常以下の場所にあります。

C:\ProgramData\Microsoft\Windows\DRM

① Windows DRMのフォルダをデスクトップなどにコピーしてバックアップを取ります。
② コピーが出来ましたら、元のDRMフォルダの中身をすべて削除します。
③ パソコンを再起動します。


 上記の作業でエラーが復旧しない、もしくは他のエラーコードが出た場合


エラーが改善しない場合は、DiXiM Digital TVを終了していただき、セキュリティコンポーネントのアップグレードを行ってください。

① Internet Explorerのアイコンを右クリックし、「管理者として実行」
 します。(必ずInternet Explorerをご利用ください)

② 以下のアドレスを右クリックでコピーしていただき、①で開いたInternet Explorerのアドレスバーに貼り付け、Enterでページを開いてください。
 http://drmlicense.one.microsoft.com/Indivsite/ja/indivit.asp

③ 「アップグレード」のボタンをクリックし画面の指示に従い操作を行ってください。
 


 セキュリティコンポーネントのアップグレードができない場合の確認事項


※ Windows DRMのPCのデータ引っ越しソフトをなどを利用されている場合など、実際に利用されているDRMフォルダの位置が変わっている事例がありました。セキュリティコンポーネントのアップグレードボタンがグレーアウトしている場合は、念のため ProgramData 以下から他にもDRMフォルダが存在していないかご確認ください。もし見つかりましたら、「DRMフォルダの中身を削除する」の①~③を同様に行ってみてください。

※ 以下のフォルダを削除するとセキュリティコンポーネントのアップグレードができる場合があります。削除の前に念のためデスクトップなどへバックアップをお願いいたします。
C:\ProgramData\Microsoft\PlayReady (PlayReadyのフォルダごと削除)

 
 
 
■ グラフィックカード側の証明書に問題が出てしまった場合

グラフィックカード側の証明書に問題が出ている場合の明確な対処策はわかっておりません。
Windowsに新規アカウントを作成し、新しいアカウント画面でソフトを再インストールすることで改善する事例がありましたので、お試しください。

① DiXiM Digital TV Plusをアンインストールしてください
  (コントロールパネルより通常アンインストール)
② 再起動(自動)
  自動で再起動されない場合は、手動にて再起動をお願いいたします。

③ Windowsに新規アカウントを管理者権限で作成します。
 ユーザーアカウントの追加方法は以下、マイクロソフト社のサポート情報をご参照ください。
 
 ユーザー アカウントを作成する – Windows ヘルプ – Microsoft
 
④ パソコンを再起動し、新しく作成したアカウントを開き、ソフトを再インストールします。

※上記の対処策を行いましても、既存のアカウント上では引き続きソフトがご利用いただけません。

■ いずれの対処策も効果がない場合

一度サポートセンターへ上記対処策を既にお試しいただいたことをご明記の上、ご連絡をお願いいたします。
 
 
 
 

Posted in エラーコード別サポート.